最新記事一覧

印象を残すための方法

女性

受かるために考える

数多くの応募者が集まるタレントオーディションでは、できるだけ頭を使って面接官に印象を残しましょう。オーディションでは面接を行うことになりますが、人前でも怖じずに自己アピールをできるようにすることが大切です。短い時間の中で自分の個性を伝えるためにはエピソードトークを混ぜると良いでしょう。友達や家族との関わりの中で自分がどう評価されているか伝えれば人となりを理解してもらえます。また趣味や興味があることは漠然と伝えるのではなく、細かく話すと印象に残ります。タレント志望の子達は映画やドラマ視聴を趣味にしている人が少なくありません。オーディションの面接では、特定の女優さんが出ている作品を挙げたり映画の年代を考えたりしましょう。良く研究していると思ってもらえます。タレントオーディションで避けたいのは個性を出すために奇抜な言動をとることです。特に社会人として相手に不快感を与えることは避けましょう。背もたれに深く腰掛けたり質問に敬語を使わなかったりすれば落ちてしまいます。また男女共に避けたいのが素の自分を隠すことです。髪型を派手にしたりメイクを濃くしたりすれば表面的な印象は良くできますが、タレントオーディションでは「素材」の良さを確認されています。素の自分の印象を上げるには自分に合う服装と髪形をして行くことです。服装はジャストサイズのものを選び、髪型はあまり顔が隠れないものにしましょう。全体像としては清潔感を大事にします。

Copyright© 2017 芸能界入りはタレントから!まずはオーディションへ参加しよう All Rights Reserved.