レディ

自分を表現するには

タレントのオーディションに受かるには素人ではかなり難しいです。ですので、オーディションを受けたいと考えている多くの人が養成所に通っています。養成所では芸能界に入るために必要な事を全て指導しており、入学後は様々なことが学べます。

詳しく見る

ステージ

各地で行われている

タレントになるにはまずオーディションに合格する必要があります。タレントのオーディションですが、東京は全国各地で行われています。そして合格をする事で事務所所属となり、そこでタレントとして働く事ができます。

詳しく見る

最新記事一覧

デビューへの道

ステージ

タレントとして活躍するためには、活躍したい分野にあった事務所に所属する必要があります。事務所のオーディションは頻繁に開催されていますので、ぜひ、自分の個性をアピール合ったタレント事務所に所属しましょう。

詳しく見る

印象を残すための方法

女性

面接官に印象を残してタレントオーディションに勝ち残るには、具体的に自己アピールすることが大切です。エピソードトークを活用して自分について伝えましょう。また男女共に個性を出したくても奇抜な言動はNGです。

詳しく見る

芸能関係の仕事に就く方法

楽屋

タレントになるためのオーディションでは、自分のキャラクターを作り上げて挑むのがおすすめです。また、書類選考の写真や志望動機、特技などもしっかり考え存分に才能をアピール出来るように準備しておくことも大切です。

詳しく見る

いろいろなものに応募する

フィルム

チャンスをつかもう

アイドルや歌手、俳優といったオーディションは多数ありますが、どれも倍率が高く、応募してもなかなかチャンスは巡ってきません。その点、タレントのオーディションなら誰でもチャンスがあると言えます。タレントなら様々なジャンルで使える人を求めることが多いからです。例えば、MCが上手な人や面白い人、俳優もできる人というように、特技がたくさんある人は応募してみるといいかもしれません。それに、タレントのオーディションに合格すると、そこからジャンルの幅が広がってくることもあります。実際に、ただのタレントだったというのに、いつの間にか俳優に転身している人も居るのです。俳優のオーディションでは全く引っかからなかったという人こそ、たまには別のジャンルのものに応募してみるのもいいかもしれません。このように、チャンスはどこで巡ってくるか分からないものです。それに、最近はタレントという枠組みの方が業界では使い勝手が良くなってきています。いろいろな色に染まれるという利点があるからです。バラエティー番組をはじめ、時には舞台に出たり、CMに出たりというように、活躍の幅が広がっていくことがあります。まず、どんなオーディションでもどんどん応募してみましょう。いろいろなオーディションに参加することで、業界の人に顔を名前を覚えてもらえることもあります。そこからお声掛けされることもあるのです。そんなチャンスをつかんでみましょう。

Copyright© 2017 芸能界入りはタレントから!まずはオーディションへ参加しよう All Rights Reserved.